血液オゾン療法

抗酸化力を高め、免疫力を高める点滴治療 “血液オゾン療法”

聞き慣れない治療法ですが、ヨーロッパではすでに確立されており、広く認知されています。具体的には、採血した血液を人体に害のない医療用オゾンと反応させて酸素飽和量を最大限にし、浄化された血液を再び体内に戻します。血液に少量の酸化ストレスを与えることで本来の抗酸化力を引き出し、血液を活性化します。自分の血液を使うため、副作用の心配はありません。

血液オゾン療法の流れ

  1. 患者様から採血を行います。
  2. 採った血液に、医療オゾンを注入します。
    血液の赤血球が酸素を取り込み、色鮮やかな赤に変化。
  3. オゾンと反応して活性化した血液を点滴で体内に戻します。

体内の血液が活性化した血液に刺激を受け、免疫力向上などの効果が表れます。
インプラント治療では歯周病の改善などを目的に行いますが、体の基本機能に働きかけるため、慢性的な疲労回復や冷え性、更年期症状の緩和など健康への効果も見込めます。

期待できる効果

血液オゾン療法は、新鮮な血液が全身を巡ることでリンパ液が浄化され、さまざまな効果をもたらします。

  • 血流改善
  • 抗酸化力アップ
  • 自然治癒力アップ
  • 抗炎症作用アップ
  • 免疫力アップ
  • 新陳代謝の活性化

血液オゾンクレンジングを併用した治療を行えば、「喫煙」や「重度の歯周病」を理由に他院でインプラント治療を断られた方も治療可能となる場合もあります。

まずは一度、ご相談ください。